辰川宗弘

辰川宗弘

 宗和流十二代。本名鉱作、此松庵と号し、中川除町に住す。書画を能くし、画は中浜松香に師事して芳翠の号あり。その他、温斎、玉泉堂とも称し加賀友禅界の巨匠であった。11代宗香歿後、同門の支持を得て宗香所持の茶室を自邸に移し、12世を継いだ。番年、手造りの茶器を能くし、特に能登方面の指導に勉め、流儀の発展に尽力した。昭和20年7月15日歿、享年67歳。

▲TOP

トップページ

茶道宗和流について

金森宗和と宗和流の歴史

宗和流歴代

宗和好の茶室

宗和好の茶道具

文献資料

行事予定

行事報告

茶事・茶会体験

稽古場案内

特別会員入会案内

組織

お問い合わせ