多賀宗乗

多賀宗乗

 多賀直昌は中原宗乗と号し、金沢胡桃町に居を構え、加賀前田家より五千石を賜っていた。七代量之助自害により金森家が断絶したため、世襲によらず家元を継承することとなり、門人一同の推挙により家元を継承した。宗和流八代を継承するに及び、公務から退いて邸内に別荘を構えて隠居。専ら茶の湯に専念し、拾玉抄7巻き、その他の秘伝書を編纂した。宗和流に於いては多賀直昌を流儀の中興の祖と位置付けている。文政12年6月2日歿、享年38歳。法名は武昌院一簇天貫居士。野田山大乗寺境内に眠る。

▲TOP

トップページ

茶道宗和流について

金森宗和と宗和流の歴史

宗和流歴代

宗和好の茶室

宗和好の茶道具

文献資料

行事予定

行事報告

茶事・茶会体験

稽古場案内

特別会員入会案内

組織

お問い合わせ